求人情報サイト「リクナビNEXT」での掲載料相場

この求人情報専門サイトである「リクナビNEXT」は、リクナビNEXT掲載窓口株式会社ゼネラルリンクしている公式ページにあたります。このページへの求人広告の掲載料金のプランとしては、同社は通常企画というものと勤務地エリア限定プランA・Bという大きく二つのものを定めており、そして掲載期間毎のプランの利用料金の相場設定をしています。前者の企画のほうは、基本的に全国規模での勤務地においての人材募集を行う企業などを対象にしたものとなっています。これに対して、後者の方は関西・東海地方のいずれかを対象にしたAと、北海道その他の地方各地を対象にしたBの2つからなる地方の限定的なプランの内容になっています。この同社による公式ページは他社が運営をしているものなどよりも全国規模で大変広範囲であり、その基準での料金相場の設定がなされていますので、とても分かりやすいといった特徴があります。

リクナビNEXTの掲載料と費用対効果

リクナビNEXTとは、株式会社リクルートが運営している、転職・求人情報サイトです。求職者の登録数も多く、たくさんの応募が見込めるため、中途採用を考える企業にも多くの信頼を集めています。掲載料は、原稿サイズや掲載期間、また様々なオプションにより、企業のニーズや予算に合わせて設定できます。当然、原稿サイズが大きければ大きいほど、多くの情報を掲載できますし、オプションでフリー画面を追加すれば、それだけ企業の露出機会が増えて、発見や応募促進に繋がるというわけです。予算は十数万円で済ませることも100万円以上かけることもできます。求人情報を載せたい企業は、当然、ベストな費用対効果で結果(=採用)を出すことが求められます。予算や採用人数、採用条件(スキル・経験値・人物像など)を決めたら、リクナビNEXT側にその企業に合った原稿サイズやオプション、掲載内容を提案してもらう企業も多いです。

リクナビNEXTに載せるための掲載料の調べ方とは

リクナビNEXTはインターネットを使って仕事の情報を知ることができ、自分に適した仕事を探せるため利用者が増えています。求人情報を掲載する時は掲載料がかかるため企業の利益につながるように人材を確保することが求められ、できるだけ長く働いてもらえるように応募書類の内容や面接を通して選別をすることが重要です。企業に必要な人員を確保する方法は求人情報をサイトに掲載するとインターネットでより多くの人に存在を知ってもらえるため、貼り紙や新聞折込などを使う方法と比べて効果があります。リクナビNEXTに載せるための掲載料の調べ方はサイトで希望する条件を伝えて見積もりをすれば知ることができ、企業の予算を考えて最適な内容にする方法が望ましいです。求人広告はただ単に掲載をすることだけでは応募者を確保できないため、応募をするために参考になることや興味を示すように内容を考えることが求められます。